退職・転職

会社をスマートに辞める方法

投稿日:

はい、ジャッカルです。

私も会社を退職してフリーランスになりました。その中で在職中に手続きに必要なこういったことをちゃんとしておけばよかったってことを紹介したいと思います。

私の退職経験を基にスマートに会社を辞める方法を紹介します。

 

退職理由が嘘をつくと後々辛い・・・

退職理由ですがちゃんとしたことを言ってたら良いですがフリーランスになるのに転職だとかってことを言ってしまっていると後々辛いことになる可能性があります。

それはどんな理由かというと保険です。年収がそれほどなければ良いのですが前職で高い給料をもらっているとアホみたいな金額の保険料が請求されるので注意が必要です。

健康保険についてはすぐに国民健康保険に加入が必要となりますが前職の収入によっては任意継続を行った方がお得になる場合がほとんどです。

 

退職時までに期間が結構長いです。長い人だと3ヵ月くらいの日数はあると思います。そうなった場合、嘘をつき続けなければなりません。

中々しんどいです。私の場合は独立ですが普通に転職だと言っていたので転職先なんなのとか、聞かれて凄くめんどくさかったのを記憶しています。

なので正直に話しておいた方が退職理由によって必要な書類も違いますし、嘘がバレるのに怯えながら過ごしたりすることを考えると良いと思います。はっきりいって嘘をつく必要なんてまったくないですし、会社側も一人の社員の退職理由なんてどうでもいいですし、周りの仕事仲間にとってもどうでもいい話ですので、気にせず正直に行きましょう。

へんなプライドをもって嘘をつくと後々大変ですし、退職時にもめる理由にもなりかねません。

絶対受け取っておかなければいけない物

離職時に受け取る書類の中には任意で発行されるものですが絶対に必要な物があります。

以下がその書類です。

  • 健康保険、厚生年金保険資格喪失証明書
  • 離職票

上記の二つについては年金、健康保険の切り替えに必要となる為、もらうようにしておきましょう。

退職後に会社に問い合わせて再度送ってもらう必要が出てきます。

健康保険、厚生年金保険の資格喪失証明書については年金事務所で発行してもらう事が可能ですが企業独自の健康保険組合を持っている場合は必ずその健康保険組合で発行してもらう必要があるので注意が必要です。

私の場合も務めていた会社が独自の保険組合だったので退職後に問い合わせて送ってもらうことになりかねません。

 

まとめ

退職時には嘘をつかず手続きに必要なものはまとめておき、ちゃんと郵送してくれるのか一つ一つ確認を取っておくことが必要です。

小さい会社だと全て言わないと出してくれないことが多いです。

スマホや手帳かにタスク表にして受け取ったかどうか、いつ送ってくれるか等メモを必ずとっておきましょう。期日に来なかった場合は必ず電話にて確認を行いましょう。

退職した人に対して会社側は冷たいことが多いです。

 







-退職・転職

Copyright© JACKAL'S LIFE , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.