趣味雑記

glo(グロー)とiQOS(アイコス)徹底比較

投稿日:

ハイ、ジャッカルです。

今回はgloとiQOS(アイコス)を徹底比較したいと思います。喫煙者にとって他人への迷惑は一番の課題です。大切な人に迷惑を掛けたくないけど吸いたい。一番はタバコ自体を辞めるのが良いと思うのですがそう簡単には辞めれないのがニコ中です。そこでここ数年で使用者が増えたヒートテック式のタバコであるiQOS(アイコス)とglo(グロー)を徹底比較したいと思います。iQOS(アイコス)から吸い始める人はいないでしょうがタバコをやめれないけど周りの人に迷惑を極力かけない人の助っ人のこの二つを徹底比較

glo(グロー)とiQOS(アイコス)の違い

一番の大きい違いはバッテリーと一体型か分離型というところです。かっこよさからだけでいうとiQOSですがタバコ吸っている時点で今はカッコ悪いのであまり気にしてもそこは仕方ない気がします。パチンコやスロットをされる方は打ちながらできないgloは微妙みたいです。私の知り合いは打ちながら吸えないのでgloには絶対しないといってました。もちながら作業ができるデザインなのはiQOS有利かなと思います。分離型な事で吸う部分を充電しなければいけない為、iQOSは連続で吸えません。タバコを吸う方はチェーンスモーカーの人が多いのでこの待ち時間にイライラします。私もそうでしたがこれが解消したくてgloが関西圏で発売されるまで待ちに待ってました。gloは一体型である為、タバコをあっためる時間はiQOSと同じようにありますが数子機部分を充電する時間がありません。これは大きな違いです。

吸いながら作業がしたい人はiQOSをお勧めしますがそれ以外の方にはgloではないかなと思います。

本体の値段

割引がきいたりするので値段は一概には言えませんが定価は以下の通りでgloの方が3000円程安いです。

又、iQOSを一年間くらい使ってましたが壊れやすいです。iQOSショップですぐ交換はしてもらえますが地方にすまれてる方だと発送しなければ行けなかったりとかなり手間です。gloはまだ数か月しか使用していませんが一体型なので壊れにくいのではと思っています。

iQOS定価:10980円

glo定価:8,000円

 

glo(グロー)とiQOS(アイコス)カートリッジの値段(コスパ)

glo(グロー)は420円

iQOS(アイコス)は460円

値段はgloの方が40円安いです。

一日一箱だとしたら月額1200円程お得です。

年間にすると1万2千円程違ってきます。結構大きいですね。

圧倒的な差でコスパはgloです。

今後、glo(グロー)とiQOS(アイコス)等のヒートテックタバコの税金が上がるとの噂があるので値段は普通のタバコより高くなる可能性が高いです。そう考えると今は変わりませんが普通のタバコの方がコスパが良くなりそうです。そこで税収上げてもタバコ吸う人増えたら医療費増えるし、いいのか悪いのかわかりませんがそこは政府に任せて納めろと言われればタバコ税は収めますよ・・・止めれないですし。

glo(グロー)とiQOS(アイコス)匂い

どちらもそれ程変わらないとは思いますが吸わない人からするとglo(グロー)の方が吸った後の匂いはキツイみたいです。個人的には誤差の範囲かなと思います。

glo(グロー)とiQOS(アイコス)味

味はどうしても個人的な感想になりますがメンソールに関してはiQOS、スタンダードに関してはgloかなと思います。メンソールはiQOSの方が断然吸っている感があります。メンソール吸いの方にはiQOSをおすすめしますね。これから色々な種類が出てくるとは思うのでここはこれからも変わってくるかなと思います。

アクセサリ

全国展開がされるのが早かったのもあり、iQOSの方がアクセサリは数多く発売されています。gloもこれから使用者が増えればアクセサリも増加していくと思います。

まとめ

コスパでは圧勝でgloですが使用感は好みが分かれると思います。連続で吸いたいならgloにした方が良いですが吸いながら作業をしたいんだという方はiQOSです。

私はglo押しです。ヘビースモーカーなので連続で吸えないのはイライラするので無理です。







-趣味雑記

Copyright© JACKAL'S LIFE , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.