趣味YouTuber

ユーチューバーの収入、今からやっても稼げるのか?

更新日:

ユーチューバーという職業がヒカキンやはじめ社長といった有名ユーチューバーの露出によって認知し始められました。

小学生のなりたい職業ランキングでも上位に位置している人気の職業になっています。

しかし、ユーチューバーは本当に稼いでいるのかというところが気になるところだと思います。

答えは一部の人は凄く稼いでいるこれが正しいです。

ユーチューバーの収入元

Googleから支払われる広告料

人にもよりますが大半の人がこれが収入です。動画を見ているとCMが流れたり、動画の間にポップアップが出たりすると思います。

これをクリックしたり、最後まで見る人がいたりすると収益になるわけです。だいたい1再生0.1円くらいといわれています。

グーグルアドセンスと同じように月によって広告料が変わってきますのでそこは大体です。

ユーチューブランキングを見てみると一位の人で1億再生くらいです。ということは月に1千万円程度の収入という事になります。

年間で少なく見積もっても1億円程でしょうか・・・稼いでますね。

企業案件

これは動画の中で商品を紹介することによって支払われるお金です。企業としても1動画、百万再生を超える動画であればTVでCMを流すより効果的だと思います。

実際に鼻毛を抜くブラジリアンワックスのゴッソとかはそれで結構売れています。ヒカキンの動画自体が企業案件であったのかは謎ですが企業案件であればそれなりのお金が支払われているはずです。

企業案件を恐らく多く扱っているであろうヒカルはテレビで数億円稼いでいると言っています。ヒカルの動画の現時点で9億再生なので単純に計算すると9千万円で到底届きません。それを考えると恐らくは多くの企業案件を取り扱っているであろうことが読み取れます。

楽な職業なのか?

答えは否です。飽きられない見続けてもらう動画を撮り続けることで休みなく動画撮影、編集を繰り返されているようです。有名ユーチューバーのヒカキンも動画の中で毎日毎日動画撮影編集の繰り返しで・・・と語っています。異常な量の缶のブラックコーヒーのゴミがありました。精神削っているなと私は感じました。飽きられたら終わりの職業です。芸能界に近い部分があり、一発屋はすぐ消えていきます。

少し前まで株式上場も果たして下記の動画の頃はノリノリであったマックス村井さんも今やオワコンと言われています。企業としてどうなるかは別としてマックス村井さん自身は上場によって多額のお金を手にしていますから安泰ではあると思いますがこれから視聴率が落ちていけばどうなるかはわかりませんね。そう考えると今稼いでいる人たちもほんと明日は我が身と頑張っているのだと思います。

稼いでる人たちは普通のサラリーマンの十倍ほどのお金を稼いでいるはずなので無駄遣いをしていなければそれだけで今後も生活していけるとは思いますが何年今のポテンシャルで稼いでいけるかがわからない業界です。そのリスクと戦いながら動画撮影を毎日やっているわけですから大変だと思います。再生数はデジタルに上がっていったり、下がっていったりしますが生の声で人気の衰え具合が分からるわけですから、人気が落ちてきた時の焦り具合ったらないと思います。

又、顔出しをしている人が殆どなので今後の就職とかも難しいと思います。私的には怖い世界だし、決して楽な職業だとは思えません。

一般人が今からやって稼げるのか?

普通に考えて何らかの才能がない限りは無理としかいいようがありません。

YouTube自体の視聴者数はスマホ普及もあり、年々増えてきています。通信速度と通信料の値段が下がればもっと見る人は増えてくるのでこれからの成長は十分期待できるところだと思いますが動画の質、レベルが上がってきています。それを考えると何の才能もなく面白みがない動画を取って公開しても埋もれていくだけです。

正直、ユーチューバー自体も飽和状態になりつつあると思います。ジャンルも多岐に渡りますがそこで一番の面白い動画をとって公開し続けられれば可能でしょうが才能や隙間産業のように誰もやっていないジャンルを開拓するしかありません。先ほどもいいましたが飽和状態に近づきつつありますのでそれも見つけるのがすごく大変だと思いますし、人気がでるまで耐えるのが凄く難しいと思います。

高校生、大学生くらいでやり始めて学生のうちに人気を獲得できれば続けてユーチューバーになる選択をしても良いと思いますが社会人をやっている人がいきなりこの世界に飛び込むのはやめた方が良いと思います。人気を取ろうと思えば顔出しをするしかないです。そうなったら再就職も難しくなるでしょうし、中々大変です。黒歴史として残り続ける可能性もあります。

それだけのリスクを背負ってやる価値があるのか私は疑問です。それであればブログを書き続ける方がよっぽどマシな気がします。そして何より、見てるだけの方が私は楽しいです。やる方になるにはリスクがでかすぎる。学生の時に出会っていたら必ずやっていたと思いますが社会に出た今はその選択肢をとれません。

その勇気があればやり方次第では稼げる世界ですし、当たって4~5年くらい稼げば一生普通にくらせるだけのお金は稼げると思います。たとえyoutubeが落ち目になってたとしてもそれなりの地位を築いていれば商材や公演をすることでその後も食っていくことも可能だと思います。

穴場の動画コンテンツ

私の個人的な見解ですがこのジャンルはまだ入る余地がありそうというジャンルです。

投資系

投資系はいまだにカリスマといわれるほどの人はいません数十万単位のユーザを持つ人も現状はいません。やっている人は多いですがジャンルとしてとても難しいです。丁寧な為になる説明を上げている方もいらっしゃいますが伸び悩んでますね。

エンターテイメントを求めている部分が多いのでyoutubeとは合わないのかもと思いますが圧倒的な勝者がいないジャンルです。

勉強系

塾講師がやっていたりする動画もありますがそれほどのユーザ数を獲得している動画はありません。基本的には毎年度変わる部分もありますし、動画自体を見る視聴者が限られるので圧倒的な人気を博したりするのはこのジャンルも難しいのかもしれません。

まとめ

顔を出し、リスクをとれば才能や運次第では十分稼げます。たとえ飽和状態となったとしても稼げます。それはTV業界が示すように新しいものに移り変わっていくからです。普遍に人気を博し、数十年続くコンテンツもありますが基本的には消費され続けるものなので新しい展開をみせることができればすぐにでも有名youtuberになることは可能でしょう。







-趣味YouTuber

Copyright© JACKAL'S LIFE , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.