仕事について

新卒採用された人が入社前、入社後すぐにやるべき事

更新日:

はい、サラリーマンという生き方否定派のジャッカルです。

世間と接して生きていく為には一般常識が必要です。。。説得力はありませんが(笑)しかし、10年程社会人として生きてきた中で知っていることも多々あるのでそれを伝授したいと思います。基本的にはリクルートとか古いおっさん達がかってに作ったしばりなので個人的には好きだはありません。しかし、知っておけば迷わなくていいっていうより考えなくていいので楽です。そう言った面では決まり事を作ってくれているってことは良いことなのかなと思います。

しかし、どうでもいいことに対していちいち言ってくる老害は滅びれば良いと思うのが心の中ですが決して口にはだしません。

メールの出し方、ルール

基本的には定型文として保存してしまえば毎回考える必要はありませんが社会人になると仕事の内容にもよりますがメールを社内、社外問わず出すことが仕事上出てきます。社会人になるまでは何気なく出しているメールであっても社会には社会のルールがあります。

社内の人には「おつかれさま。〇〇です。」、社外の人には「お世話になっております。〇〇です。」を冒頭につけます。これだけでも新卒の方はくだらないと思うかもしれませんがこんなしょうもないことで「おい!」みたいな感じで注意されたりします。

又、あて先についてもルールがあります。先輩には「殿」をつけたり、「様」を付けたりであったりとか詳細は本を読んでもらった方がいいので割愛しますが役職順番でならべなければいけなかったりとかほんとしょうもないルールがあります。

しかし、これを気にする人は沢山いてこのルールで会社は動いています。ルールを把握していないと常識がないやつと思われてしまうのでメールの出し方、定型文といった本が売られているので買ってこのしょうもないルールを把握しておきましょう。

電話応対

新人が電話応対をさせられることが多いです。電話応対についてもメールと同じようにマナーがあったり、社外の人からかかってきた時に社内の人を呼ぶときに「〇〇さんは不在です。」といったらあやまりで「さん」は不要だったりします。誤った喋り方をするとクスっと笑われてしまったりするので電話応対のルールは憶えておきましょう。

慣れてきたりお客さんと顔見知りになってきたりすると失礼ではあるんですがフランクに話したりするようにもなりますが最初はきちっと応対した方が良いです。

人の名前は覚える

当然のことですが面接前に社長の名前なんかを覚えたと思います。それと同じように上司や取引先の人の名前はしっかりと覚えましょう。これはしょうもない話ではなく当然のことですが一人で仕事をやっているわけではないので自分の事を知ってもらう以上に人の事を覚えましょう。そうしなければ自分が助けてほしい時に助けてもらえませんし、どの人が何をしている人なのか把握していないと最初はいいかもしれませんが数か月たった後、仕事がうまく行かなくなってくると思います。

後、コミニケーションを取るうえでも最低限人の名前は憶えておかないと始まりません。

自己紹介を考えておく

自分のアピールポイントではありませんが自信を語れるようになっておくと良いです。社内でずっと仕事をしているのであったとしても社内に人は沢山の人がいます。その中で新人で入った時にまずやらなければならないことは自分を知ってもらう事です。

少なくとも自分という人間を紹介できるようになっておきましょう。自分を知ってもらって仕事中でも会話ができた方が仕事は楽しくなります。終身雇用制度は崩壊しましたが長ければ30~40年仕事をする可能性もあるので楽しく仕事をする為にも自分を知ってもらうことは重要です。

これができないと良い上司に恵まれれば良いですが上司によっては窮屈な思いをする可能性もあるので簡単な自己紹介は考えておきましょう。

飲み会時のマナー

乾杯

最近の人はあんまり言う人はいませんが目上の人と乾杯する時は相手のグラスより下で乾杯する。

扉側に座れ

目上の人やお客様は奥側です。新人であれば扉側に座って注文をとりましょう。

グラスが空いたら

「何飲まれますか?」声かけて注文をとりましょう。自分でとれよと思わないで取ってあげましょう。コンパで目当ての子がいる時にしてあげているようにやさしさを見せましょう。ほんとくだらない話ですが瓶ビールであれば注いであげたりとかしてあげましょう。

目上の人と飲んでいるときに携帯はみるな

お相撲さんでありましたが失礼にあたるので気を付けましょう。学生時代は普通にやってしまいがちですが気を付けた方が良いです。おっさんお年寄りになるとその辺、心が狭いです。2人で飲んでいるならわかりますが複数人で飲んでいる時は別にいいんじゃないと思います。

時計を頻繁にみない

小人数で飲んでいる時は特にですが「帰りたいのか!」って切れる人もいるので気をつけましょう。私の体験談です。席を外してみましょう。

 

定期はすぐ買うな

会社によっては勤務地が違う場合があるので入社前に定期を購入するのは控えましょう。会社から指示があれば別ですが基本的には入社後の方が良いと思います。張り切って複数月分かったりするとあとで困ります。

 

まとめ

いろいろと書きましたがサラリーマンの世界は色々なルールでできています。一人でする仕事であれば不要でしょうが集団で一つの仕事をしようと思うとくだらないルールであっても守ることが必要です。ほんとくだらないルールだと思いますが誰が決めたのかはわかりませんがそれが日本人らしさといば日本人らしさなのかもしれませんが個人的にはどうでもいいと思います。それに怒りを覚える人はどうかしていると思いますが・・・・年寄は気にしますのでルールの中で生きた方が無難です。フランクな会社であれば良いですが入るまでそんなことは分かりませんので色々覚えておいた方がトラブルを招かなくていいですよ。

 







-仕事について

Copyright© JACKAL'S LIFE , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.