おっさんでもモテたい

加齢臭でくっさい枕をどうにかしたい!!【消臭】

投稿日:

はい、ジャッカルです。

マジでくっさい・・・自分では中々気が付きませんが臭いそうです(泣)

いっしょに寝ているパートナーに迷惑を掛けない為、加齢臭を撃退していきましょう。

しかし、めんどくさいのは嫌という私のわがままをかなえてくれる方法はあるのか調べてみました。

加齢臭とは?

加齢臭と言われていますが実際、加齢臭が出始めるのは50代くらいからです。30代、40代が悩んでいる匂いって何なんだということですがマンダムが行った調査によると脂の匂いだそうです。

男臭いと言われるものですね。これが30歳~40歳にかけてピークを迎える為、この匂いが主原因となって悪臭を放っているわけです。

なので一般的に加齢臭と分類されているものと30代、40代の人が抱えている加齢臭の問題は根本的に違います。

原因への対策

一番の対策はやはりお風呂での洗い方です。枕への匂いを防ぐには寝る前に入るお風呂は欠かせません。

しかし、寝ている時にも汗は書きますし、脂はやはり放出されるので匂い移りをどう防ぐかが課題になります。

汗をかかないことに越したことはないのですが生理現象ですのでそれを防ぐことはできませんので後ケアが大切です。

枕カバーを洗濯

結論はこれが一番いいです。結局な所は枕に皮脂がついてそれが色々菌の温床になってしまって匂いを発しています。

その為、小手先だけの対策をとっても原因となる菌や皮脂が洗い流せていないとどんなに対策をとってもダメ!!

カバーの洗濯をこまめに行うことが大切で、めんどくさがり屋の私は洗濯すらめんどくさいのですが汗が染みこんで夏場だけではなく冬場でもくさくなってしまうのでカバーは少なくとも週一回洗うようにしましょう。

 

枕カバーを洗っても匂いが取れいない気がするって方もいると思いますがそんな方は枕本体を洗濯しましょう。しかし、ほとんどの枕は洗濯不可になっていると思います。カバーのタグを確認しましょう。

枕本体の選択が不可の場合は天日干しすることで日光殺菌できますので匂いの原因となる原因菌を退治することができますので洗濯に似た効果を得ることができます。

日光殺菌することで退治できますが枕自体が日焼けしていくことも有りますが気になる方は取り換えても良いと思いますが基本的には枕は3~5年持ちます。

 

日々の予防策

枕カバーの選択や枕本体の日干しは毎日できればいいですが仕事もありますし、中々難しいです。

そうした時に日々の予防には布用の消臭材のファブリーズなんかを使うと良いです。ファブリーズには殺菌効果があるものもありますので菌の繁殖を抑えてくれます。しかし、皮脂自体が消え去るわけではないのでできれば洗濯を短いスパンで行うことが良いでしょう。

 

 

まとめ

枕を消臭する為には根本的な原因となる「皮脂」をこべりついた枕からとることが重要です。

そうしなければどうしても匂いの発生源が断ち切れないので小手先の消臭剤では取り切れません。

なのでこまめに洗濯を行うことが重要です。

加齢臭だけではなく若年臭(男臭い)原因についてもこういった皮脂が原因となっていることが多いのでそういった場合にも枕を頻繁に洗濯してあげることで和らぎます。

 

 

 







-おっさんでもモテたい

Copyright© JACKAL'S LIFE , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.