私の健康法

本当に効果のあったいびき防止グッズ

更新日:

はい、ジャッカルです。

今は178cm、60kg台後半と普通の体型なのですが一時期20kg程、太っていた時期がありました。その時、睡眠不足に悩んでました。

普通に6時間以上とか寝てるのに仕事中に倦怠感というか、眠さが襲ってくるという感じでした。そんな中、泊りで遊びに行ったときに彼女から、いびきかいてたよと言われてもしかして無呼吸症候群になりかけて睡眠の質が落ちてるのではと思い改善を行いました。

体重が増加していたのでそれを落としたこともありますが落とすまでに1年程かかりましたのでその間はいびきが収まらないなかったので色々なグッズを試しましたので良かったものを紹介したいと思います。

今はおかげさまで体重が落ちたのもありますが改善しています。

選び方

 

いびき防止グッズの選び方を紹介します。まず、いびきの原因は2通りあり、原因に合っていないものを使ってもあまり意味がありません。

主な原因は口呼吸になっている又は舌根沈下しているパターン、鼻呼吸をしているが鼻が通っていない、詰まっている状態であるパターンです。

判断方法としては鼻が詰まりがなく鼻が通っている場合は口呼吸又は舌根沈下になっていることが原因として考えられます。その場合はマウスピースや口を閉じるのを補助するグッズを選びましょう。

鼻が通ってない場合は鼻腔を拡張するものを選択するのが良いと思います。両方って場合もあると思うのでその場合は両方のグッズを使いましょう。

いびきの原因によるので上記方法でグッズ選んで、実際に使ってみて改善しない場合やあまりに症状が酷い場合は、病院に行くことをお勧めします。

生命にかかわる場合もあるので必ず改善しない場合は絶対病院に行ってください。

何度も言いますがグッズで改善しない場合は睡眠時無呼吸症候群という病気ですよ。医療機関にたよりましょう。「CPAP療法」という機器を付けて無呼吸を防ぐために空気を送り続けるというのがあります。芸能人ではドランクドラゴンの塚地やバナナマンの日村が使用しています。

 

【鼻腔拡張系】ブリーズライト

鼻が詰まっている方にお勧めの鼻腔を拡張するものです。値段は30枚入りで1400円程度と高めですが効果は高いです。しかし、私は喫煙者なもので家でも普通に室内でもすっています。なので割と家自体が埃っぽいんですね。その状態で使うと朝起きた時に不快感がのこります。自分自身が悪いんですが・・・

後、寝相が悪い方にはお勧めできません。寝てる間に外してしまいます。異質なものが鼻についている状態ですし、割と簡単に外れるので寝ている間に取れてしまいます。一度買ってみて朝まで取れていなければずっと使ってもいいと思いますが寝ている間に取れてしまう場合は別のものを考えた方が良いです。

 

【鼻腔拡張系】クリップタイプ

私はブリーズブライトより、こちらの方がしっくりきました。寝相が悪いのが一番の原因ですが人によっては違和感がある人もいるみたいですのでブリーズライト(30枚入り)と値段はそれほど変わらず使い続けることができますので買って試してみてもいいと思います。私はこれ付けて寝ても全然違和感なく寝れたので一番のお気に入りです。

クリップタイプが気に入ればブリーズブライトよりコスパはこらの方がいいですよ。彼女と一緒に寝る時には少しかっこ悪いので、その場合はブリーズライトを使ったりと使い分けて使ってみるのも良いと思います。

 

【舌根沈下防止】マウスピース

舌根沈下を防ぐために付けるのがマウスピースです。後は歯ぎしりを良くするという人には歯ぎしりの防止にもなります。マウスピースは最初違和感があり、私の場合は若干の吐き気がしました。しかし、私はマウスピースがかなり症状にあっていたようでつけることですぐ改善されました。

市販のものもあるのですが歯ぎしりが酷かったりして歯にダメージがある場合は歯医者でも作ってもらうことが可能です。私の場合はかみ合わせが悪かったのもあって作ってもらいましたがそれがかなり良かったです。私の場合、いびき対策として買ったわけではなく、かみ合わせが悪く歯並びが悪くなってきていたのでそれの防止のために作ってもらったやつを付けて寝たところ見事にいびきが改善されました。

歯医者で作ると保険は効きますがそこそこ高いので原因を特定できずに買うのは中々ハードルが高いので市販のもので試してから医療機関に相談してもいいと思います。

 

【口呼吸防止】口閉じテープ

有人が使っていたんですがいい感じみたいです。私の個人的に一枚貰って使ってみましたがブリーズブライトと一緒で朝起きるとふっとんでいました。テープ系は私には合わないんでしょうね。テープ系なのでコスパはかなり良いです。寝相が悪くなければマスクタイプでなくても全然OKだと思います。

又、喉の乾燥も防げるので喉を使う仕事をしているのであればいびき防止の為ではなくても使ってみると良いかもしれません。

【口呼吸防止】マスクタイプ

マスクタイプのものですが見た目はカッコ悪いですが口呼吸が原因の方には効果抜群です。マジックテープでつけるのですが結構しっかり止まるので朝とれているということも有りません。テープタイプもあるのですが私は断然こちらを推します。テープタイプの場合は寝苦しかった場合に口を開けても取れてしまいますし、手で顔をぬぐっても取れてしまいます。又、なくなれば定期的に購入しなければならないのでコスパ的にもマスクタイプの方がお勧めできます。

 

まとめ

紹介したものは私として効果はありましたが一番合っていたのはマウスピースだったので今使用しているのは主にマウスピースです。旅行の時とかはブリーズブライト使ったりと使い分けています。

結局それぞれ人によって症状があるので安価なブリーズブライトから試していったら良いと思います。それで改善されなければ先にも書きましたが睡眠外来とかをやってる病院もありますので医療機関に頼ってみた方が良いです。TVでも紹介されていましたが悪い睡眠をとっていると認知症になる可能性がたかまったりするみたいです。低酸素になるのが主な原因のようで、寝てるのにマラソンを走っているような酸素状態になってしまうみたいです。なので気になる方は早めに手を打った方が良いと思います。いい睡眠がとれないと疲れもとれませんし、善は急げです。

みなさん、いい睡眠をとって楽しい毎日を過ごしましょう。







-私の健康法

Copyright© JACKAL'S LIFE , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.